なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味玉鶏KOHAKUラーメン【850円】」@ラーメン十二分屋 草津店の写真滋賀県でもラーメンを!!

この日はちょっと野暮用が出来て、滋賀県は草津市に行ってきました。
13時に現地に到着して、ランチはお預け状態で先に野暮用を済ませる事に。
やっとこさランチという事になり同行者5名と相談をすると、「おまえと一緒なら、ラーメンしか無いじゃん」と嬉しい?お言葉を頂いたので、一番近いこちらに初訪問。
14:30頃の入店でしたが店内6割程の前客さんで、ファーミリーのグループさんも居たりして、このお店の人気の程が解ります。
自分たちは6名での訪問でしたので、小上がりに案内されて靴を脱いで着席となりました。
みんなでメニューを見ながら、あーじゃない・こーじゃないと議論を戦わせた結果、自分は表題をうら若きお嬢様に口頭注文。
約5分ほどした辺りで、次々と注文したラーメン達が配膳となりました。
丼は今時流行りの、シュッとした逆富士山型。これ系の丼ってレンゲでスープを掬うのが難しいので、あんまり好きではありません。(余談)
気を取り直して、先ずはスープから一口。純正鶏白湯スープ×ハマグリスープのWスープで、しっかりした鶏の旨みの中にハマグリのほんのりとした香りが、口の中いっぱいに広がります。旨いな~。

次に麺を一口。こちらの売りでもある自家製麺は、中細ストレートな物ですが角がシュッと立った麺相。
茹で加減は気持ち固めな仕上がりで、スープの持ち上げも結構良い感じです。

具は小振りなハマグリ2個・炙りバラチャーシュー2枚・角材メンマ2本・味玉1個・青ねぎ。
ハマグリは小さいものの風味が良く、柔らかくて美味しいですね。
ロールされていない炙りバラチャーシューは、とってもジューシー。角材メンマは味付け控えめで、コリッとした歯応えでこれまた美味しい。
味玉は半熟タイプで黄身がトロっとしていて美味しいんですが、芯まで冷たくてちょっと残念。
そしてやはりこの辺りは関西圏なので、ねぎは青くて香りがちょっと強めな感じで、東京ではあまり見ないタイプ。
半分ほどまでデフォの味を楽しみ、ここで卓上アイテムから一味唐辛子をチョイスして、ドバーーーーっと丼に投入して最後まで完食・完飲で、ご馳走さまでした。
同行者のみんなの丼を見てみると、殆ど完食・完飲。みんな満足してお会計。
会計時にうら若きお嬢様にタクシーを呼んでもらうようにお願いすると、快く引き受けてくれてタクシー会社に電話を入れてくれました。
一旦店外に出てタクシーを待っていると、先程の店員さんが出て来てくれて「結構込んでいるようで、配車が遅くなりそうです」と、わざわざ伝えに出て来てくれました。
更に15分ほどタクシーを待っていると、またまた先程の店員さんが出て来てくれて「ちょっとタクシーが来れないみたいです。そこにあるバス停にあと3分程でバスが来ますので、それで駅に向かった方が良いですよ」と、これまた嬉しいアドバイスを頂きました。
こういうホスピタリティにも優れているお店は、嬉しい限りですね。

再びお嬢様にご馳走さまでしたと伝えて、バスのお礼もしっかり伝えて帰路に着きました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。